インドで最も影響力のある男から学ぶ英語&自己変革のレシピ

モチベーション

本記事ではインドで影響力のあるサドグル氏のスピーチの英語スクリプト日本語訳を紹介しています。
また、彼の生い立ちと経歴を元に英語学習に留まらずその先の教訓をお届けしています。

生い立ちと経歴

サドグル・ジャッギー・ヴァースデーブ1597年9月3日‐
インドの哲学者、作家、詩人として活動する。
また、非営利団体を創設して幅広く大規模な人徳的向上プロジェクトにも勤しむ。

インドで最も影響力のある50人の内の一人として数えられ、世界経済フォーラムなどの国際会議やオックスフォード大学ハーバード大学といった有名大学や機関で講演をする。
世界平和会議でも使節を務めた経歴を持っており、インドで最も誉れ高いとされる国民栄誉賞「パドマビブーシャン(Padma Vibhushan)」も受賞している

スピ―チの背景

今回テーマにするお話しは、彼の公式Youtubeチャンネルから引用したものです。
インドで絶大な人気を誇る彼の、チャンネル登録者数は782万人以上です。
数々の大学や国際会議で講演をし培ってきた話術を拝見できます。

Sadhguru
Official YouTube Channel of Sadhguru. Considered among India’s 50 most influential people, Sadhguru is a yogi, mystic, bestselling author, and poet. Absolute c...

題材動画:Youtube から

英語スクリプト

One of your limitations, one of your problems, one of your nonsense that people suffer around you, one of those things go.
You can’t leave all of it wholesale.
At least one, shall we?
Because without transformation, empty spirituality, talking spirituality, acting spiritual is no good.
Some transformation must happen, isn’t it?
Please make that happen so that when you live, people will enjoy living with you, when you die, they will miss you,
That’s how you should live.

On a certain day, Shankaran Pillai’s wife was particularly incensed about her husband.
So she made a soup and put five extra spoons of chili and she came and served it.
It was hot, steaming hot and she wants to see what happens.
She wrung her hands but he was reading the newspaper.
She said the soup is ready, she said the soup is ready, she said the soup is ready.
And he said hmm… hmm… hmm… and still reading the newspaper.
Then she wanted to see if it ready works whether the chili powder is adulterated.
Not strong enough.
So she thought let her check it up took a spoon full and just pul it.
It just exploded in her mouth.
Tears welled up, tears started flowing.
just at that moment Shankaran Pillai lept his newspaper down and came.
He looked at her and asked, “Why are you crying?”
She said, “You know, just last year my mother died and how much she loved this soup”.
“When I just saw this soup bowl it reminded me of my mother and tears came.”
“Oh is that so? Don’t worry. What to do.”
“We all lose our mothers and fathers some time.”
“It’s alright”.
Then Shankaran Pillai went back to his newspaper with the soup and reading the newspaper, he put it in his mouth and it went boon like dynamite.
Because this was a full spoonful.
Tears came into his eyes.
Then she came and said, “Oh, you are also emotional about my mother?”
He said, “No, no I’m not crying because your mother died.”
“I’m crying because that good mother left and she left you here and went.”

This is not the way to live.
When you live, people should enjoy your presence.
When you die, they should miss you.
If the reverse happens that means we have lived the wrong way.
Isn’t it?

日本語訳

あなたの制限している事の一つ、問題の一つ。
周りの人が苦しむ不合理の中の一つ、手の付けられない仕方の無い事。
その全てを放って置くことはできませんが、少なくとも一つは捨てませんか?
なぜなら、変化の無い空虚な精神でスピリチュアルな話をし、スピリチュアルに振舞うのはよくありません。
何らかの変化が起こらなければなりませんよね。
その変革を実現して下さい。
人々があなたと一緒に暮らすことを楽しみ、亡くなった時に寂しく思われる存在で在るために。
それが人生の在り方です。

ある日のことです。
シャンカラン・ピライのは夫に激怒していました。
そこで奥さんは唐辛子をスプーン5杯も余分に入れたスープを作り、それを食卓へ運びました。
出来立てでとても熱々の辛いスープです。
奥さんはどうなるのか見たかったのです。奥さんが手を鳴らし読んでも、夫は新聞を読み続けていました。
何度も、何度も奥さんが「スープが出来たわよ」 と言っても夫は「うーん、うーん、、、」 としか言わず新聞を読み続けています。
それから奥さんっは地理パウダーが本当に効くのかどうか確認したくなりました。
そんなに辛くなかったらどうしようって。
そう思い、スプーン一杯を並々すくい口の中にいれると、口の中で爆発しました。
涙が出て、零れ落ちました。
ちょうどその時、夫は新聞を置き奥さんのところへやって来ました。
泣いている妻を見て 「なんで泣いているんだい?」 と夫が問いかけると
奥さんは「去年母が亡くなったでしょ、母がこのスープをどれほど好きだったかと思うと…」
「このスープを見ただけで母を思い出すのよ」 「それで涙が出ちゃって」
「そうだったの? 心配しないで僕は何をしたらいい?」 夫はこういいます。
「誰だって、母や父を失うんだ。だから大丈夫」
そう言うと、シャンカラン・ピライはスープを持ち新聞に戻りました。
新聞を読んで、スープを口に入れるとボンッ‼ とダイナマイトのように爆発しました。
スプーン並々でしたからね。
目に涙を浮かばせました夫に、奥さんは近寄りこう言いました。「あなたを私の母のことを悲しく思っているの?」
夫は「いや、君のお母さんが亡くなったからじゃないんだ」
「あの良いお母さんが”君を残して”去ってしまったから泣いているんだよ」

これは良い生き方ではありません。
生きている時、あなたの存在を快く思われるべきで、死ぬときは寂しく思われるべきなのです。
逆の場合なら、それは間違った生き方をしてしまったということです。
そうじゃない?

まとめ

「死に際にその人の生きざまが分かる」とよく言われますが、まさにそういうことですね。
あなたといて周りの人が幸せに感じ、亡くなるときは寂しく思われる そんな人で在りなさい。という言葉がとても沁みました。

また、冒頭の 「難しく考えず、全部じゃなくても何か一つ嫌な事は捨ててもいいんだ」
この言葉に救われる人もいるんだろうと思いました。
何かに捕われずに、周りと楽しく。 というのが人生を変えるレシピなのだろうと思います。

コメント紹介

ここでは、題材動画に寄せられたのコメントを紹介します。

公式Youtubeチャンネル紹介

ずまログ公式YouTubeチャンネル「校長の長話よりいいよね」では主に隔日で英語から学ぶ人生の教訓をテーマにお届けしています。

文字だけでは伝わりづらい、表情やボディーランゲージから生の英語をご覧ください。

是非、ずまログ」と「校長の長話よりいいよね」を併用して、一緒に学びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました